ナナメから直視する。

フォーク/ロックシンガー ナナメ/nanameの思想と音楽を素直なままに吐き出すブログです。

『実存』

実存/ナナメ/naname

 

youtu.be

 

歌詞

 

実存

 

花が咲く 人が在る

気づく頃には終わってる

花は散る 人は死ぬ

川は流れるようだ

 

裸足で駆け出した夏

木漏れ日さえ優しくて

己を写した影が

闇に溶けてゆく

 

夜風と舞い踊る

夢にまで見た青 掌の上

転げるようだ

艶やかな日々たち

限りある星 針

微笑みの中

心を抱いて

 

似ても似つかぬテーゼ

返り戻る村時雨

翼を広げた波が

闇にこだまする

 

夜風は舞い上がる

夢になりきる青 橘の上

留まるようだ

艶やかな日々たち

限りない星 針

まどろみの中

心を抱いて

 

夜風と舞い踊る

夢にまで見た青 掌の上

転げるようだ

艶やかな日々たち

限りある星 針

微笑みの中

心を抱いて

 

 

解説:

先日リリースした1st Full Album『ロカンタン』の表題曲、『実存』です。

表題は『ロカンタン』じゃねぇか、というツッコミがほとんどだと思いますが、

このアルバムは哲学者J・P・サルトルの思想に大きな影響を受けている作品でして。

ちょっとその話から。

 

 

サルトルは、20世紀フランスの哲学者。

実存主義哲学」を提唱した人として現代哲学史に名を刻んだ思想家です。

 

実存主義」とは、簡単に言えば、

椅子は座るために存在し、

ハサミはものを切るために存在するが、

人間には、そうした生まれながらの役割(本質)が確定していない。

人間は本質を欠いたままこの世に生を受けこの世を生きていくのである。

という思想。

 

そしてその上で、

「今、ここに、存在する私」に重きを置いて、

自らが主体的にその本質を作っていく。

と、議論が進められる。

本質が確定していないということは、自由を与えられているに等しいのだ。

 

しかし、自由というのは残酷である。

サルトルは自由を悲観的に捉える。

なぜなら、人間が悩むのは、自由があるからだ。

最初から自分の役割や使命がはっきりとわかっていて、

それに従いさえすれば良いのなら、人は悩んだりなんてしない。

 

 

サルトルはこのような思想を一冊の小説にまとめた。

『嘔吐』と名付けられたその本は、ノーベル文学賞を受賞した。(サルトルは受賞を辞退)

そして、その小説『嘔吐』の主人公の名前が、「ロカンタン」である。

 

だから、『ロカンタン』の表題は、「実存」なの。

 

 

 

 

じゃあ、本質の決まっていない我々人間は、

どう生きればいいんだろう。

 

何も決まっていないんだから、どこに進めばいいか、

どこの道が正しいのか、

なんて、はじめからない。

 

 

 

過去を振り返ってみると、それはそれは、あたたかいものだった。

ただただ、人生を駆け回っていた。

何も、心配せずに。

 

「裸足で駆け出した夏

 木漏れ日さえ優しくて」

 

 

しかし人は大人になる。

世界を知る。

自分はまだ、木漏れ日の美しさの中にいたいのに、

 

「自分を写した影が

 闇に溶けてゆく」

 

 

 

青、とは、「青春」のこと。

「夜風と共に舞い踊っていた」煌びやかな青春は、

「夢にまで見る」ほど憧れていたものだった。

確かに私は、幸せに包まれていた。

 

しかし、そんな幸せは束の間、

「掌の上を転げ」落ちていく。

 

星、は煌びやかなものの象徴。

針、は時間。

それらは限りあるもので、

次第に消えていく。

 

「星」「針」の中で、

私は「微笑んで」いた。

 

 

もう時は過ぎた。

「青」は終わる。

 

二度と戻ることのない「青」

その幸せを忘れないよう、

そしてそれらと共に生きていくため、

私は「心を抱く」。

 

 

 

 

「実存」していた日々は終わる。

しかし私はまだ「存在」している。

 

裸足で駆け出した夏は過ぎて、

 

これからどう「実存」を見つけていけばいいのだろう。

 

 

 

big-up.style

 

 

 

 

 

 

北欧からまた良きバンドを発見した。

The Masquerade / Eclipse

 

youtu.be

 

調べてみたら、出ましたまた北欧。

スウェーデンストックホルム出身のバンドらしいですね。

 

2020年4月に来日も予定されていましたが、

コロナウイルスの蔓延により中止。

 

是非ともまた、日本で見たいものです。

 

このバンドはちょっとまだ詳しくないので、

勉強次第、追記いたします。

 

しかしこの手のハードロック、大好きだなぁ。

アメリカ最新のフォークロック。

Gloria / The Limuneers

 

youtu.be

 

アメリカの最新フォークロックバンド、The Lumineers。

日本にも、フジロック2019で来てくれましたね。

 

会場のファンたちの感想を見ても、

日本でも上々なようで。

 

平和な中にもメッセージ性を強く持つこのバンドは、

まさにフォーキーな精神を受け継いでいるロックで、

時代を越えて愛されていくバンドになるんじゃないかと予想している。

 

しかしアメリカ本国の反応はどうなんだろう。

今の時代でもこのような古い音楽がちゃんと受け入れられているのかなぁ。

もしそうなら、心が弾むね。

 

 

何度聞いても飽きないプログレの王者。

No Oppotunity Necessary, No Experience Needed / YES

 

youtu.be

 

 

2017年、「ロックの殿堂」入り。

まぁ業績からしたら当たり前だけど。

1985年にはグラミー賞も受賞している。

 

キング・クリムゾン

ピンク・フロイド

EL&Pと共に、「プログレ四天王」と呼ばれる彼らは、

複雑怪奇な楽曲構成と神秘的な歌詞が猟奇的である。

 

今回はNo Oppotunity Necessary, No Experience Neededを紹介したが、

他にも名曲は山ほどあるし、

制作時期によってメンバーも楽曲の色も全く違うので、

digっていてこれほど楽しいバンドはないと思う。

是非とも、さらに調べることを強くお勧めする。

 

 

このPV、今の時代じゃ絶対作れないよね。

 

 

 

No Opportunity Necessary, No Experience Needed / チャンスも経験もいらない

 

アーティスト Yes

作詞 Richie Havens

作曲 Richie Havens

 

Step out in the night

When you're lonely

Listen for the sounds

That your ears don't hear.

I know your cross is heavier

With every step, every step

But I know a man

Who'd walk miles for you.

 

Stop! stay where you are.

Take a look at yourself.

Take a good look at yourself.

Can't tell your mama,

She'd only tell you

That she told you so,

The life you're leading

She won't believe

The real trick of life we all know.

 

Dawn turns to day

And the dawning

Daytime Nighttime

And we still can't see

Why must we wait

Until the morning light

To wake up and be

To wake up and be

To wake up and be

To wake up and be.

この手のハードロックはやはり泣かせてくる。

Wait For You / Stone Broken 

 

youtu.be

 

 

Nickelbackみを感じる、Stone Broken。

日本人にはまだあまり馴染みがないかもしれないこのバンド。

wikiも英語版しかなさそうだしね。

 

Stone Brokenは各楽器のバランスが素晴らしい。

MIXも、きっとバンドの理想通りなんだと思う。

バスもスネアもすごく気持ちいいし、

BaもGtもしっかりと欲しい音域を埋めている。

Voの声質も非常にセンシティブ。

 

今後注目のバンドであることは間違いない。

早く来日しないかなぁ。

北欧にパワーメタル現る。

The Human Paradox / Dynazty

 

youtu.be

 

 

北欧といえば、もっとメロスピだったりシンフォニックだったりなイメージなんだけど、

割と正統派なパワーメタルバンドをdigした。

 

まぁ、シンセ入ってて北欧を隠しきれてないけどね笑

 

しかしギターのリフはまさにパワーメタル。

ガッツリコンプ効いてる音がたまらんですわ。

 

シンセのメロディも非常に美しい。

最近のメタルはどうもデジタル化が進んでいるというか、

Djentとかも「近未来感」がすごいけれど、

こういう今までの正統派メタルを受け継いでいる者達の音楽も、

やっぱりいいね。

 

 

 

The Human Paradox

 

Artist: Dynazty

 

Welcome to my attraction

One step in the wrong direction

One choice, is all you have to make

One ride and the world is ours to take

You're treading a thin red line

When you're trying to read my mind

In here, the world ain't black or white

No rules apply, no wrongs or rights

 

Can you really tell me what is right or wrong

When they're two sides of the same coin

Viewed in different ways

The Human Paradox

Step right into pandemonium

Welcome to my delirium

My Human Paradox

The Human Paradox

 

Join in on a grand expedition

A trip through my contradiction

Complex, diverse I guarantee

Your chance to be all you can be

I'm letting my nature talk

It's the only way I will walk

Life roars when given room to breathe

Let's break the laws of you and me

 

Can you really tell me what is right or wrong

When they're two sides of the same coin

Two different shades of me

The Human Paradox

Step right into pandemonium

Welcome to my delirium

My Human Paradox

The Human Paradox

 

Can you really tell me what is right or wrong

When they're two sides of the same coin

Two different sides of me

The Human Paradox

Step right into pandemonium

Welcome to my delirium

My Human Paradox

The Human Paradox

 

Can you really tell me

What is right or wrong

Two sides of the same coin

Two different sides of me

Step right into pandemonium

Welcome to my delirium

My Human Paradox

The Human Paradox

My human paradox

The human paradox

 

 

フェロー諸島のイントロにKOされた。

Flames Of The Free / Týr

 

youtu.be

 

 

フェロー諸島ってどこだよ。

って思ってたらイントロに沈められた。

 

ものすごく北欧の香りがする楽曲。

って、調べたらバンド名も北欧神話に由来したものなのね。

このyみたいな文字、勘弁して欲しい。

バンドの読み方は「ティア」です。

 

にしてもかっこいいバンドだなこれ。

個人的に北欧メタルが性癖ど真ん中ってのもあるんだが、

いやしかし個人の好みを超えて普遍的にかっこいいんだと思う。

 

フェロー諸島、ノーマークでした。

今後押さえよう。

 

 

 

 

Flames Of The Free

 

Artist: Týr

 

Flames of the free, just come and take me

After I burn it will be your turn

 

Ancient tales tell how life began in the ice and flames of the old world burning

Recent times tell of trial and error, the reign of terror will soon be turning

 

Cages of fear that the future holds nothing but our dismal past with a vengeance

 

Flames of the free, just come and take me

Out of deep desperation

After I burn it will be your turn

For the good of our nation

Flames of the free, just come and take me

Let me fall in the fire

After I burn it will be your turn

To be cast on the pyre

 

Worn out is your welcome when subjects would rather fry than linger

In a world of this heedless hunger desire for freedom grows only stronger

 

Burning is better when men have been utterly bereft of hope in the future

 

Flames of the free, just come and take me

Out of deep desperation

After I burn it will be your turn

For the good of our nation

Flames of the free, just come and take me

Let me fall in the fire

After I burn it will be your turn

To be cast on the pyre